みんなのクレジットカード

外国人がクレジットカードを作る時に必要なもの

一般的に日本でクレジットカードを作る時には審査がありますので、必ず本人確認書類のコピーを提出しなくてはいけません。本人確認書類とは運転免許証や健康保険証、パスポートなどのことです。一定金額以上の融資を受けたい場合はそれの他にも収入証明の提出をしなくてはいけません。クレジットカードは公共料金の支払いや家賃の引き落とし、ショッピングなどで利用するとポイントが貯まっていくのでとても便利です。

キャッシングカードはお金を借りるためのものですが、クレジットカードは使った分を後払いするという感じです。もちろん外国人の方も作ることが可能です。外国人が作りたい時には運転免許証があればそれを準備しておき、念のために外国人登録証も用意しておくと良いです。留学生であれば、学生証を前もって用意しておきましょう。

ただ作るカードによっては在留カードや特別永住証明書が必要になることがありますので、確認しておくことが大切です。あとは日本人の方とほとんど審査などは変わりません。きちんと毎月安定した収入があれば審査に通ってカードを作れることが多いです。当然のことですが、日本の銀行の普通口座を作っておく必要はありますから忘れないようにしましょう。

外国人・留学生向けクレジットカードと審査

各社その他の審査基準を満たした方が申し込むことができますので、申し込み資格がどのようになっているのかを確認してから申し込むことをおすすめします。

 

フリーターでもクレジットカードを持てる

クレジットカードを持とうと思っても、フリーターだからと諦めている人はいませんか。そんな人は非常にもったいないです。フリーターだって立派にクレジットカードが持てるんです。持つのに何の支障もありません。なんでかと言えば、ちゃんと収入があるというところがポンイトになります。

たとえ正社員じゃなくたって、毎月給料を貰ってるわけです。雇用形態が違うだけで、働いてお金を稼いでいるわけです。逆に言えば、それでカードが持てない方がおかしいでしょう。毎月きちんと収入さえあれば、フリーターだって何の問題もありません。ただ最初から限度額を高額に設定するのは、ちょっと難しいかもしれません。でも条件さえ満たせば、フリーターでも限度額を上げることは出来るのです。

というのも限度額というのは、年収に合わせて限度額が決められます。なので額を増やしたかったら数ヶ月だけでもアルバイト増やして、年収の額を増やせばいいだけのことなんです。あとは返済などの滞りなどがなければ、大抵の場合は大丈夫でしょう。クレジットカードというと硬く考えすぎてしまう人もいるみたいですが、そんなに気を張らなくて大丈夫な物なのです。大人の嗜みとして、一枚くらいは持っていても損はしません。

 

 

法人カードを作って一括管理しましょう

出張等でかかったお金をいちいち領収書で精算するのは止めませんか。法人カードを作っておけば、経費の一元管理もしやすいです。それに経費か経費でないか、がすぐに分かりお金の透明性も増します。それに社員の中にはなかなか経費の請求をしなかったり、経費の立て替えを要求したりする事も有ります。それがすべてなくなります。それに法人カードでも使ったお金に応じてポイントがたまります。

個人単位でなくて会社単位のポイントがたまりますので、営業で使ったガソリン代や電車代もカードを使えば、すべてポイントに還元されます。個人でカードを持っている方は、ポイントがなかなか貯まらないですが、会社単位ですと一気に貯まります。それが一年となると、年会費を払っても十分おつりがきます。

2・3人の会社の場合は、よほどカードを使う機会が無いと、年会費のほうが高くなってしまいますが、車を使う機会が多い場合は、人数が少なくても年会費以上のポイントが還元されます。先ずは色んなカード会社の年会費やポイント還元率等を調べて、加入するカード会社を決めましょう。

小さな会社であればその法人カード選びで、多少業績が助かるかもしれません。カードを作るには、法人名義の銀行口座や履歴事項全部証明書や印鑑登録証明書や本人確認書類が必要になりますが、法人を設立することに比べれば、渦かしいことではありません。ぜひ法人カードを作って、手間とお金を節約しましょう。

 

自信がある時にはクラブカードに申し込みをしてみる

クレジットカードはとても多彩で、クラブカードなども存在します。それは、受けられるサービスに大きなメリットがあります。そもそもその商品にも、様々な種類があるのは間違いありません。中には、かなりハイクラスなサービスを享受できるタイプもあります。空港のラウンジなどを、無料で利用できるカードなども、中には存在する訳です。

もちろんそれを発行する時には、所定の審査などは行われる事になります。審査で落ちてしまった時には、もちろんそれを発行するのは不可能なのですね。しかし、やはり上記の無料のサービスなどは、メリットはとても大きいと思われます。

何と言っても社会的ステータスの高さなどを、周囲の方々にアピールできるメリットなどは、とても大きいでしょう。それに価値を感じて、申込をする方々も珍しくありません。人によってはカード発行に関して、徹底的に大きな自信を持っている事もあります。そういった時には、あえてハイクラスのカードなどを申込してみるのも一法です。